沿革

ネットワークセンターの前身である電子計算機センターからの発展の歴史をご紹介しています。

Ⅰ 汎用機時代(昭和45年から平成元年)

 まず、ネットワークセンターの前身としての電子計算機センターは、昭和45年4月に文部省助成により楠元キャンパスに設置された。7月から施行された使用規程には「計算機センター規程第5条に基づく計算センターの使用は学術研究、教育、卒業論文、大学事務、その他所長の許可するものに限る」とある。
 最初の計算機は富士通社製の電子計算機FACOM270-20で、主記憶装置は16KW、計算スピードも今から比べると隔世の感があるが、当時としてはたいへん重宝がられ、主に科学技術計算用として教員中心に利用された。
 昭和55年には日進キャンパス移転に伴い、新汎用機FACOM M-150Fが稼働を開始した。
 平成元年(1989)に、次期システムを検討した結果、セキュリティの観点などから、研究・教育部門と事務部門を切り離し、研究・教育部門はワークステーションを導入することになった。
 なお、教育部門として、電子計算機センターから独立し、それを母体とした、各学部の情報処理関連の教育・実習の場として情報処理教育センター(ECIP)が開設された。

Ⅱ ネットワーク時代への移行期(平成2年から平成6年)

 平成2年10月からは、新システムHP9000モデル845SEが当センターに導入された。これを機に、当センターの計算機システムの性格は大きく変貌を遂げることになった。それまで使用されてきたいわゆる汎用機によるバッチ処理システムは終焉を迎え、ワークステーションによる対話型・多機能同時処理システムになったのである。
 この時点は、一方では内外でインターネットが急速に注目を浴びてきた次期でもあり、本学でもネットワーク構築の機運が高まり、平成3年7月にはネットワーク構築委員会が開催され、12月には本学のドメイン名(aichi-gakuin.ac.jp)が承認され、名古屋工業大学へのUUCP(Unix to Unix CoPy)接続がなされた。
 また、平成4年8月には、本学はクラスBのIPアドレスの配布を受け、12月にはSINET(Science Information Network)に加入し、名古屋大学経由でのインターネット接続を果たした。

Ⅲ 高速ネットワーク時代 第1期(平成7年から平成9年)

 当センターはネットワーク時代への移行期を経て、平成7年度から文部省の助成を得て本格的な高速LAN(Local Area Network)システムをセンター内に導入した。
 センターのサーバはATM(Asynchronous Trasfer Mode)を経由して、日進キャンパス内の各建物に設置されたルータやハブなどを介してネットワーク上に結ばれた。また、学外の公衆回線から本学LANへの接続経路や、名古屋大学への専用回線を介してのSINETへの接続も確保された。さらに末盛地区および楠元地区へも専用回線で結ばれた。
 平成8年度からは、ネットワークセンター運営委員会が発足し、本学全体のネットワーク整備・運営の主管を執ることになった。

Ⅳ 高速ネットワーク時代 第2期(平成10年から平成12年)

 第2期は、第1期で導入された高速LANシステムの補強期と位置付けられよう。
 これと前後して、センター運営委員会でも、当センターの規程を時代とあわせるべきであるという視点より、「愛知学院大学ネットワークセンター運営委員会規程」「愛知学院大学ネットワークセンター実務委員会規程」「愛知学院大学ネットワークセンター利用規程」という3つの規程が平成11年度に相次いで施行された。

Ⅴ 高速ネットワーク時代 第3期(平成13年から平成15年)

 第3期は、ネットワークの充実期であり、平成13年10月からやはり文部科学省の助成でシステムが導入された。

 1) 楠元・末盛歯学部LAN/サーバ構築
  ⅰ. 楠元・末盛基幹LANのギガビット化
  ⅱ. インターネット(DNS・Mail・Proxyなど)サーバの置き換え

 2) 日進地区情報系LAN/サーバ見直し
  ⅰ. LR550からSR5400への置き換え
  ⅱ. インターネット(FW・DNS/News/WWW/Mail・Proxyなど)サーバの置き換え

 3) LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)サーバによるユーザの統一的認証システムの稼動

 LDAPサーバには、一般的にはユーザ認証・電話帳機能(情報検索機能)・公開鍵機能などあるが、本学では当面、平成14年度から始まるシラバスサーバによるシラバスサービスを念頭において、インターネットからアクセスする学生や教職員の全学での統一的なIDによるユーザ認証のために、このシステムを導入することになった。
 平成13年6月から末盛・楠元地区のIT環境の整備・充実が図られてきたことに鑑み、ネットワークセンター分室が開設され、ネットワークセンター職員の一人が常駐することになった。

Ⅵ 高速ネットワーク時代 第4期(平成16年から平成22年)

 第4期は、ネットワークのさらなる充実期であり、平成16年10月からやはり文部科学省の補助でシステムが導入された。

 1) 全学ネットワークの高速化
  ⅰ. 楠元・末盛・日進基幹LANのギガビット化
  ⅱ. SINET接続の増速(ギガビット化)

 2) 全学ネットワーク機能の追加
  ⅰ. 日進キャンパス幹線の二重化
  ⅱ. 日進キャンパスDHCP化
  ⅲ. 全学認証無線LANホットスポットの新設
  ⅳ. Webメールの採用
  ⅴ. 学外から学内へのVPN接続

 学内の高速情報LANシステムは、第4期にシステムを一新し、全学においてブロードバンド化を達成し、24時間体制で運用されている。

Ⅶ 高速ネットワーク時代 第5期(平成22年から平成28年)

 1) 全学ネットワークの老朽更新
  ⅰ. 楠元⇔末盛キャンパス間接続の増速
  ⅱ. 薬学部・歯学部の通信基盤部分を収容

 2) 全学ネットワークシステムの再整備と機能拡張
  ⅰ. 認証連携システムの構築
  ⅱ. 全キャンパス共通学内無線LAN接続方式の確立

 システムの更改とともに、日進キャンパスネットワークセンター事務室とサーバ室が1号館1階に移設された。移設に伴い、光ケーブルの学内配線も再整備されている。

 3) 名城公園キャンパス開設 (平成26年度)
  ⅰ. 楠元⇔名城公園キャンパス間接続の新設
  ⅱ. 名城公園キャンパス内ネットワークを構築

Ⅷ 高速ネットワーク時代 第6期(平成28年から現在)

 全学ネットワークシステムの再整備と機能拡張
  ⅰ. 日進・楠元・末盛キャンパスのサーバ、有線機器及び無線機器、対学外接続装置等の更改
  ⅱ. 対SINET及びキャンパス間回線の広帯域化
  ⅲ. ウェブ参照経路の冗長化
  ⅳ. 全キャンパスでの無線LAN提供における運用方式統一及び資源配置適切化
  ⅴ. 次世代型ファイアーウォール導入によるセキュリティ面への対応
  ⅵ. 対外向けウェブページおよびメール配送サーバをクラウドへ移行

上へ

利用規定

ネットワークセンター資源を利用するためには、利用規定に同意していただく必要があります。
More…

サポートポリシー

提供中のサービス、またそれ以外の内容に関するサポートポリシーについて。
More…

センターの沿革

ネットワークセンターの沿革です。時代と技術発展に沿ったセンターの歩みをご紹介しています。
More…

スタッフ紹介

ネットワークセンターのスタッフ紹介です。
More…

お問い合わせ

各種お問い合わせについては、専用フォームよりご連絡ください。
More…

リンク